04.26
RASホームページをリニューアルしました

カテゴリーナビ

  • RASシステムTOP
  • RASシステムとは?
  • 機能・料金
  • 基本機能
  • 応用活用
  • 料金表
  • 導入までの流れ
  • お悩み相談室
  • 導入実績
  • お問い合わせ
ファンクションホームページ
HOME会社概要
会社概要
代表者挨拶

「次々と店を閉めていく地元商店街に、昔の活気を取り戻して欲しい。」

私がインターネット通販事業を始めるきっかけになったのはこの想いからでした。

当初は、商圏エリアを広げることに対する期待と、実際に売れるのか...という不安の中スタートしましたが、
出店してから三ヶ月目、不安が確信に変わりました。

商圏エリアが拡大することが、私の地元商店街だけでなく、
延いては日本全国、世界をも豊かにすることが可能だと肌で感じたのです。

ただし、「出店したら売れる」のではなく、「売れるように努力して売れる」という事を忘れないでください。
どんなに自信があり、素晴らしいご商材でも、人目に触れなければ意味がありません。

それを教えてくれたのがインターネット通販でした。

現在、私共はお客様の店舗を繁盛店へと導くことを生業としています。
同じ経験、想いがあったからこそ、お客様に伝えられることもたくさんあります。

ご不安や迷い等、どんな些細な事でも私共にご相談下さい。

お客様の業務実績が上がることが、弊社の喜びでもあります。
共に成功を分かち合いましょう!

代表者挨拶
沿革

楽天市場の黎明期(れいめいき)に、当時、寿司屋経営者、兼寿司職人であった
弊社代表 川中が、一時ニッチなブームとなっていた「焼きサバ寿司・押しずし」の店舗を楽天市場へ出店。

市場拡大を視野に入れるも、
ブームが去るのは早いと考え、1年の短期スパンでの運営計画のもと
、 楽天ジャンルランキング1位を継続で獲得。

同時期にインターネット通販の醍醐味を感じ、寿司屋経営と並行して企業のネットビジネスのコンサルティング活動をしながらインターネット通販についての勉強を始める。

ネットビジネスの可能性を肌で感じ、本格的にインターネット通販事業を確立するために2010年、有志と共に株式会社ファンクションを設立。

業界に先駆けて確立した「机上の空論」ではない、
現場で鍛えた「独自の生きたノウハウ」+「売上促進システム」が大変な反響を呼び、
携わった店舗の92%を売上向上へと導く。

その結果、楽天ビジネスで活動する約1400社の中から
2010年楽天ビジネス「新人賞」を受賞し、
2011年度上半期においては、楽天ビジネス全企業の中から
準MVPを史上最速で受賞する。

2012年現在、新たなビジョンを見据え、日々奮闘中である。

沿革
会社理念

「幸せの専門家になりたい!」

Funcushionの理念は、circulation of happiness(幸せの循環)です。

弊社の社名はfunとcushionという2つの言葉を合わせた造語となっています。

私共が、クライアント様・ユーザー様双方にfun(楽しみ・幸せ)を感じて頂くための心地良いcushion(クッション)役になりたい!

そんな思いや姿勢が込められています。

私共ファンクションは、楽天店舗制作に特化した
「デザイン性」+「独自の生きたノウハウ」+「売上促進システム」を有しております。

実にリニューアルにおいては、制作に携わらせて頂いた店舗様の92%を売上向上に導いており、
楽天市場店舗様の商売繁盛のお手伝いをさせていただいております。

現在では、業界を代表する企業様の楽天店舗制作を手がけるなど、ファンクションの楽天店舗制作におけるノウハウは
様々な分野の企業様に認められ広がっています。

会社理念

ファンクションの3M

ミッション

「幸せの専門家になろう」
会社が提供する商品やサービスを通じて、お客様の役に立ち、幸せを感じてもらうこと。
社会の困りごとや課題を発見し、ビジネスを通じてそれらを解消し、社会を一歩理想に近づけること。
人や社会の「困りごと」を解決する。そうやって人やまわりを幸せにすること。
それが、ファンクションの使命です。

マインド

「最善の方法は一人で生み出さない」
日々起こりうるあらゆる問題・疑問に対して、決して一人で答えを導かず、みんなで一緒に向き合い、
考え、最善の方法を生み出す。
時に悩み、葛藤し、ぶつかることもあるけれど、みんなで持ち寄るからこそ導き出せる。
一人では叶わない夢も、一人では成し得ないこともみんなで助け合い、一歩近づく事ができる。
ファンクションは、角が取れた柔らかいクッションなのです。

モチベーション

「愛することは愛されること」
当たり前のようだけど、意外と難しい。
でも、ファンクションは徹底します。
弊社に声を掛けてくださるお客様、提案するご商材、表現するページ、自分の机、
まわりでサポートしてくれているスタッフ。
一人ひとり、一つひとつに「愛」を持って接すること。
それは、「愛すること」が、私たちを「愛してもらうこと」にほかならないから。
ファンクションを愛してもらうことで、わたしたちのモチベーションはグンと上がります。

だから今日も、ファンクションは「愛」を求め、愛に会いに行くのです。

このページのトップへ戻る